清楚な身だしなみ

病院という職場にふさわしい清楚な身だしなみは、言葉づかいや態度と共に、応対の効果を上げるのに大切なことです。
☆キャップはしっかり止める。 
☆フロントヘアーは目を隠さないよう、サイドヘアーは顔を隠さないようにする。
☆ピアス、イアリングはしない。 
☆厚化粧,無精ひげに注意する。 
☆名札は決められた位置につける。 
☆ボタンはかける。
☆白衣はプレスされたものにする。
☆爪は短く、マニキュアはしない。
☆香水は香りが不快感を与えないよう注意する。
☆ストッキングは白で縮みや汚れのないようにする。
☆シューズはかかとをつぶさない。
☆ボサボサ頭にならないようにする。 

汚れたシューズ、バサバサした髪型を本人は気にしていないのだろうか。価値観の違いもあると思うけれども、自分自身はそれでよいかもしれないが、相手の目に映るものだから与える印象を意識して、清潔に心がけてほしいなあと思う。(看護婦さんの声)  

身だしなみと言っても白衣は決まっているし、顔だって生まれつきのものがあるし、自ずと限界がでてきます。ただ、靴のベルトをつぶしたり、破れたストッキングをはいたりとか、相手に不快感を与えるようなことは感心できません。心豊かにして働ける環境の中にいれば、自然によい人間関係が生まれてくるように思います。(看護婦さんの声)

今回までの事項をセルフチェックしてみましょう。
 
チェック項目
自己採点
1
自分から進んで挨拶をしていますか。
A ・ B ・ C
2
笑顔で明るく、聞こえるように挨拶していますか。
A ・ B ・ C
3
仕事を頼んだり、お茶を入れてもらった時「ありがとう」と言っていますか。
A ・ B ・ C
4
エレベーターで同乗した人に気配りをしていますか。
A ・ B ・ C
5
自分の持ち場を離れる時、行き先を連絡していますか。
A ・ B ・ C
6
勤務終了時は自分の部署の整理をしていますか。
A ・ B ・ C
7
混んでいる時ほど笑顔で迎えるようにしていますか。
A ・ B ・ C
8
老人や、理解不足の患者さんにも笑顔で接していますか。
A ・ B ・ C
9
うろうろしたり、困っている人に自分から声をかけていますか。
A ・ B ・ C
10
処置をする時、必ず声がけをしていますか。
A ・ B ・ C
11
髪は清潔にまとめ、手入れをしていますか。
A ・ B ・ C
12
厚化粧、香水はひかえていますか。
A ・ B ・ C
13
名札はきちんとついていますか。
A ・ B ・ C
14
ストッキングの伝線や、靴の汚れはありませんか。
A ・ B ・ C
15
手は清潔に、爪は伸びていませんか。
A ・ B ・ C