第二回在宅ケアネット渋川

平成15年6月26日(木)

在宅医療の口腔ケア〜義歯のある人の口腔内の衛生〜
群馬県歯科医師会理事 山脇 万典

 高齢要介護者の口腔衛生管理や歯科治療の必要性は、歯科訪問診療や数々の情報
により一般に認識し始めてきているとことであります、しかし、ある大学病院関連のリハビリ病棟での調査に於いて、歯科治療の必要な人が約9割、歯の異常を訴えた人が5割と現状では、う蝕や歯周疾患を放置していたり、義歯による欠損部位への補綴状況も低く、また適合が悪くなって使用されていないこともあります。
口腔ケアについて、狭義と広義があり、狭義のケアとは口腔衛生管理を主とした口腔清掃を捉えたものでありますが、広義のケアとは咀嚼、摂食、嚥下等、口腔全体の機能を改善することを目的とします。
また、要介護度が高いほど口腔内の衛生状態を良好にすることが重要であることが判っています。従って日常の口腔ケアに加え歯科医師、歯科衛生士などによる専門的な口腔ケアを行なうことが、歯科疾患のみならず、ADLの向上、QOLの改善により転倒、低栄養、閉じこもり、誤嚥性肺炎などの他科疾患の予防にも効果があります。

<参考文献>
■日本歯科医師会「在宅歯科保健医療ガイドライン」
     http://www.jda.or.jp/text/zaitaku/data/flame07.html
■日本歯科医師会「摂食・嚥下へのアプローチ」
     http://www.jda.or.jp/jp/enge1.htm
■目で見る口腔ケア
     http://www.aichi-gakuin.ac.jp/~oralcare/
■静岡県歯科医師会「口腔ケアマニュアルQ&A」
     http://www.s8020.or.jp/info/info01.html
■嚥下障害支援サイトSwallow
     http://www.swallow-web.com/
■兵庫県歯科医師会「高齢者の口腔ケアマニュアル」
     http://www.hda.or.jp/kouku/index.html
■口腔ケアと口腔リハビリ
     http://kakiy.tripod.co.jp/page008.html
■口腔ケアについて考える
     http://ww3.tiki.ne.jp/~y-takaya/
■厚生労働省 監修:介護予防研修テキスト
     「気道感染予防」p.207~p.286  社会保険研究所 2001
■介護予防活動研究会 編:介護予防実践ハンドブック
     「気道感染予防」p.139~p.206  社会保険研究所 2002
■(改訂)介護支援専門員基本テキスト 第3巻
     「口腔のケア」 p.203~p.211